私は結婚相手をこうして選びました。

結婚相手の選び方は人それぞれですね。
大好きな人と大恋愛の末に結ばれる人もいれば、お金持ちを探して落ち着く人もいます。
あまり高望みしすぎて婚期を逃してしまう人もいますね。
私も結構ギリギリで焦って滑り込みしました。
私は適齢期と呼ばれる頃から恋愛をやめることにしました。
もともと人を見る目がなくダメな男ばかり好きになってしまうような人間だったため、この方法が功を奏しました。
自分から好きになることはやめて、好きだとアプローチしてくれる男性の中から最低限の条件を満たした相手に結婚の意思があるなら付き合いたいと告げます。
一番の条件は見た目の好みですね。
これが当てはまらないといくら何でも結婚までのステップは踏めないような気がします。
あとは人が良いかどうかとか、正社員でまじめに働いているのかなどです。
そんなに持てるタイプでもないのでたくさんアプローチされたわけではないですが、無駄な恋愛をやめることによってフリーな時間が長くなり、その間にいろんなイベントに参加したり、友達に協力をお願いしたりして出会いを増やしていきました。
結果的に理想的な男性に出会い今は幸せに暮らしているので良かったです。